« 橋下知事にかみついた大阪府職員は、共産党系大阪府職労の組合メンバー | トップページ | 泣いて、ブチ切れ、ささやいて 大阪地裁で見せる羽賀研二被告の七変化 »

2008年3月18日 (火)

第二のスルガコーポレーション事件とささやかれる、大手ゼネコン、長谷工コーポレーションの疑惑

デジタル紙の爆弾でも詳しくお伝えした、スルガコーポレーションと
デジタル紙の爆弾でも詳しくお伝えした、スルガコーポレーションと暴力団山口組のフロント企業の癒着。スルガ社のビジネスモデルは、都市再生と名前はかっこういいが、実態は地上げや土地転がしでの高収益。長谷工でも、同様のスタイルでここ数年、巨額の利益をあげているという。その中核をなしているのが、元常務のK氏を中心とした部隊だ。

K氏の舞台はこれまで、さまざまな都市再生に名を借りた、地上げや土地転がしのような商売に手を染めてきたとみられる。今回、疑惑が浮上しているのが、東京都港区のホテル東京と隣接するミトモビルの跡地。立地は都営浅草線泉岳寺駅に隣接。品川へも徒歩圏内。敷地の総面積は、1550㎡。

<続きは、デジタル紙の爆弾、http://kamibaku.comでお楽しみください>

|

« 橋下知事にかみついた大阪府職員は、共産党系大阪府職労の組合メンバー | トップページ | 泣いて、ブチ切れ、ささやいて 大阪地裁で見せる羽賀研二被告の七変化 »

ニュース」カテゴリの記事

任侠道」カテゴリの記事

企業の内幕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橋下知事にかみついた大阪府職員は、共産党系大阪府職労の組合メンバー | トップページ | 泣いて、ブチ切れ、ささやいて 大阪地裁で見せる羽賀研二被告の七変化 »