« JAL日本航空と戦い20年 後藤民夫氏が「日本航空 腐った太陽」を出版5 | トップページ | 疑惑の大阪府旧府庁跡売却で落札者グループが内紛 »

2008年2月 6日 (水)

毒ぎょうざの責任者 岸田文雄国民生活担当相「テレビによく映るので、大臣になってよかった」

中国・河北省の天洋食品製造の冷凍ぎょうざに

毒物が混入された、中国製毒ぎょうざ中毒事件。

殺人未遂容疑で、兵庫県警や千葉県警が捜査本部を

立ち上げるなど、大騒ぎ。日本側の総元締めは

岸田文雄国民生活担当相。騒ぎを受けて、

消費者行政一元化担当相を兼務する見込みだ。

だが、今年はじめにも噂されていた、内閣改造で

<続きは、デジタル紙の爆弾、http://kamibaku.comでお楽しみください>

|

« JAL日本航空と戦い20年 後藤民夫氏が「日本航空 腐った太陽」を出版5 | トップページ | 疑惑の大阪府旧府庁跡売却で落札者グループが内紛 »

ニュース」カテゴリの記事

事件・事故」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JAL日本航空と戦い20年 後藤民夫氏が「日本航空 腐った太陽」を出版5 | トップページ | 疑惑の大阪府旧府庁跡売却で落札者グループが内紛 »