« 独走スクープ! 島田紳助、インサイダー疑惑に捜査当局も注目 | トップページ | 加古川女児刺殺事件 母親と祖母にポリグラフか? ささやかれる犯人像は? »

2007年12月14日 (金)

加古川女児刺殺事件 読売新聞が報じた「よく知る人物」とは?

兵庫県加古川市の小学2年、鵜瀬柚希ちゃん
が10月16日夕、自宅前で刺殺された事件で
12月13日読売新聞の夕刊が報じた、独自ネタ。
記事によると
県警捜査本部 (加古川署)は、柚希ちゃんをよく知る
人物について事情聴取するなど集中捜査を始めた。
柚希ちゃんは帰宅したところを狙われており、
県警は、犯行状況などから、 顔見知りによる犯行の可能性
が高いと判断。周辺捜査でこの人物が浮上した。
としている。
「読売の記事を見て各社、今日にも逮捕かと、
大慌てでした」
とあるマスコミ関係者。
「よく知る人物」とはだれなのか?

<続きは、デジタル紙の爆弾、http://kamibaku.comでお楽しみください>

|

« 独走スクープ! 島田紳助、インサイダー疑惑に捜査当局も注目 | トップページ | 加古川女児刺殺事件 母親と祖母にポリグラフか? ささやかれる犯人像は? »

ニュース」カテゴリの記事

マスメディア」カテゴリの記事

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独走スクープ! 島田紳助、インサイダー疑惑に捜査当局も注目 | トップページ | 加古川女児刺殺事件 母親と祖母にポリグラフか? ささやかれる犯人像は? »